一杯呑みませんか?

「変な生き物」

こどものころ、
この世に存在しない生き物を描いていたけれど。

今になって、
息子の好きな、魚、深海魚、恐竜、危険な生物などを、
本やDVD、実際に観に行ったりしていると、
いるわいるわ、変な生き物たち。

私の描いてた落描き(楽描き)は、
もしかしたら、どれも、どこかに存在するんじゃないだろうか???
と、最近思うようになった。

もし、生き物を作った人がいるならば、
一緒にお酒を呑みながら、語ってみたい気がします。

「あのクラゲの足を、もっと長くして、ドレスみたいにしませんか?」とか。
「色は日の光によって、70色くらいに変化させませんか??」とか。