画用紙の中の自由な世界

「幼稚園のお絵かき」

私が幼稚園に通っていたときの思い出。

あるとき先生が、
いつもより大きな画用紙を配ったあとに、
「好きなものを自由に描いていいよ!」と言ったのです。
その瞬間とてもワクワクしたのを今でも覚えています。

なんでもいいの?!
いろんな色を使いたい!
いろんな動物が住む木を描きたい!
ほんとうには存在しないかもしれないけど、虹色の木の家、ここに描きたい!
そんな興奮を、今でも覚えています。

描きすすむにつれて、ムズカシイな。。。と思いながらも、
完成したその絵は、上手い下手とかは分かりませんが、
ただ楽しい思いが詰まった絵でした。

今も昔も、
「自由に描く」その瞬間が、
とても好きな時間です。

そのときから私の根っこは一緒かもしれません。
白い紙は「自由な世界」へ連れて行ってくれます。