今の気持ち

絵を飾るところがある家

「大きい絵」

大きな絵を描くのが好きです。
ものすごい集中力を使うので、
描いては、休んで、描いては、休んで。になるのですが。
ワクワクします。

こどもたちと、わーっと描いた20mの壁画とか。
手伝ってもらったり、1人で描いた10mの壁や看板とか。
描き終えた時は、マラソン大会を走り終えたときの爽快感があります。

作品でも、100号(長辺が1m60cm)とか、
120号(長辺が1m80cm)あたりが、
描くのにウキウキするサイズです。

とはいえ、そんな大きな絵を描く機会は少ないですし、
大きいだけで郵送や納品するのも一苦労で、コストもとても高いです。
なので今は、小さい絵でウキウキしようキャンペーン中です。

いつか、何枚も大きなキャンバスを並べて、
それを同時に描ける広いアトリエで、
好きなように描けたなら、
いいな〜と思います。

どうやってそうなるのかは、
私にも分かりませんけど。ね。

日本の家が、もっともっと、大きな絵画を飾るのを前提に、
建築&デザインして下さったらな〜と思います。
飾るところがそもそも存在するから、
作品を家に飾ろう。みたいな。
「大きな絵を飾る家」が宣伝文句になる日が来たりして??

あ〜。そうなるといいな〜。

絵のこと

路上販売の出会い

「16年前のこと」

高校生のころ、
神戸駅の高架下でポストカードを売っていました。
上京した後は、しばらく表参道でも販売してました。
(表参道ヒルズが出来る前の、同潤会だったころです。)

何のためかといえば、
お小遣い稼ぎというより、
人と話すのが楽しかったことが大きいと思います。

隣でお店を出してる人と話をしたり、
立ち止まってくれた人、
買ってくれた人、
一期一会な出会いが、
私にキッカケを沢山くれました。

当時、「どうなりたいの?」と聞いてくれた人に、
「病院を楽しい場所にする絵を描きたい」と言ったら、
(↑パッチ・アダムスという映画を観て影響されていたのもあって、、)
たまたまその人がお医者さんで、
「楽しみにしてるよ」と言ってくれました。
知らない方の、たった一言ですが、
今でも嬉しいコトバです。

それからコツコツ、
今は神戸の助産院に作品を置いて頂けています。
カフェや、宿、などの人の集まる場にも置いて頂けています。

人が好き。描くのも好き。
ありがたいことです。

今の気持ち

覚悟

「今の気持ち 2」

こどもを
「ありのまま」
受け入れるということ

自分を
「ありのまま」
受け入れるということ

それには覚悟がいる
ということに
今さら気づいた

周りの人の「ものさし」で
子どもや自分を評価されるときに
胸をはっていられる強さを
グラグラしない軸を
持ちたいと思う。

今の気持ち

白紙な日々

「今の気持ち」

予定がいっぱいなことが
嬉しかった20代
家にほとんど居ない日々

アルバイト
ボランティア
個展やイベント

なんでも「絵」が関わることなら
自分のためになるなら
誰かが喜んでくれるなら
なんでもする!と火がついていた頃
もありますが

そしてカラダを壊し。。。

出産という機会を人生で頂いたことをキッカケに
何も予定がないことに
感動を覚えています

こどもが中心の生活とはいえ
自分が家でこんなに過ごせるんだ!?
という衝撃の事実と

朝起きて
「今日なにをしよう?」「なにしたい?」
そう思える時間の居心地が良すぎて

予定も白紙なら
自分の人生も白紙になって
30代の私は1から出直し中な気がしています。

2016のころ

一杯呑みませんか?

「変な生き物」

こどものころ、
この世に存在しない生き物を描いていたけれど。

今になって、
息子の好きな、魚、深海魚、恐竜、危険な生物などを、
本やDVD、実際に観に行ったりしていると、
いるわいるわ、変な生き物たち。

私の描いてた落描き(楽描き)は、
もしかしたら、どれも、どこかに存在するんじゃないだろうか???
と、最近思うようになった。

もし、生き物を作った人がいるならば、
一緒にお酒を呑みながら、語ってみたい気がします。

「あのクラゲの足を、もっと長くして、ドレスみたいにしませんか?」とか。
「色は日の光によって、70色くらいに変化させませんか??」とか。

小学生のころ

はじめての展示?

「ギャラリー冷蔵庫」

小学生のころのお話。

このころから?絵に「上手い」「下手」の感情が入るようになりました。
学校で描く「似顔絵」や、「風景画」はあんまり好きじゃなかった気がします。

家では、チラシの裏や、メモ用紙なんかに、
好きなように落描き(楽描き)してました。
存在しないような”魚”をいっぱい描いて水族館を作ったり。
変テコな生き物を描いたり。
物語を想像して描いたり。

描いた絵を、母の居る台所に持って行くと、
喜んでくれたり、褒めてもらえたり、
冷蔵庫にペタッと貼って、飾ってくれました。

それを、8つ離れた姉や、4つ離れた姉も、
なにかしらコメントをくれたので、
幼い私にとって、「絵」がコミュニケーションを産んでくれる、
そんな素敵なツールになっていた気がします。

冷蔵庫の扉は自由なギャラリーで、
今でも嬉しい記憶として残ってます。

「上手」であることより、
「楽しい」であることが、
私のお絵かきです。

幼稚園のころ

画用紙の中の自由な世界

「幼稚園のお絵かき」

私が幼稚園に通っていたときの思い出。

あるとき先生が、
いつもより大きな画用紙を配ったあとに、
「好きなものを自由に描いていいよ!」と言ったのです。
その瞬間とてもワクワクしたのを今でも覚えています。

なんでもいいの?!
いろんな色を使いたい!
いろんな動物が住む木を描きたい!
ほんとうには存在しないかもしれないけど、虹色の木の家、ここに描きたい!
そんな興奮を、今でも覚えています。

描きすすむにつれて、ムズカシイな。。。と思いながらも、
完成したその絵は、上手い下手とかは分かりませんが、
ただ楽しい思いが詰まった絵でした。

今も昔も、
「自由に描く」その瞬間が、
とても好きな時間です。

そのときから私の根っこは一緒かもしれません。
白い紙は「自由な世界」へ連れて行ってくれます。

 

こどもの視点 1

こどもの視点 1

「飛行機雲」

おはようございます。

今日は秋晴れです。

秋の夕焼けの飛行機雲が、
金色に光るのを見つけるたびに息子が、
「飛行機が宇宙に飛び出していってる!」と嬉しそうに言います。
(←スペースシャトルだと思ってるようで)

そんな息子がお昼に飛行機雲を見ながら、
「飛行機が雲を作ってるね〜」
「線路みたい!」と言って、
カワイイなと思っていたのですが。

数日たってから、
ふと気になって調べてみたら、

”飛行機の飛ぶ高さや上空の温度、湿度、空気の流れなどの条件がそろわないと、発生しない”
”エンジンの数によって、雲の本数も違ってきます。ボーイング747型機なら4本、ボーイング767や777なら2本の筋ができるので、地上から飛んでいる機種を想像できます。”
と。

そっか、本当に、飛行機が雲を作ってるんだな〜と。
いつからか、「飛行機の後ろに雲があることもある」になってたな〜と。
大人になって、飛行機雲の楽しさを味わえた出来事たちでした。